クレジットカードの仕組み

キャッシング

クレジットカードと言えば、非常に便利で簡単にお金を借入できることから、多くの人が利用しています。

 

人気のクレジットカードですが、どのような仕組みになっているのかというと、カード会社が消費者にカードを発行することで利用できるようになっていて、会社はカードを使えるショップを開拓しています。消費者は商品をカードで購入することができ、その時、実際にはお金を出しません。

 

カード会社は消費者の購入代金をショップに立替払いしていて、カード会社はその際、加盟店手数料を差し引くことで利益を得ます。

 

クレジットカードの仕組みは、ショップが商品を消費者に渡した時点で、カード会社に手数料が入るようになっています。

 

その後、消費者は銀行口座から商品購入代金を引き落とされることになります。簡単に言うと、立替払いの仕組みがクレジットカードの仕組みであり、手持ちのお金がない状態でもクレジットカードを利用することで支払いができるわけです。

 

加盟店は後日、金額をカード会社に請求するようになっていて、カード会社は、指定の日時に支払うよう会員に請求します。