審査に落ちる理由

その場で現金を支払わずに買い物などが出来るクレジットカードは非常に便利ですが、クレジットカードを所持するためには申し込みをして審査に通らなければいけません。しかし、誰でも審査に通るわけではなく、落ちてしまう場合もあります。クレジットカードの審査は、スコアリングという方法で審査されます。これは、申込用紙に記入された内容を点数化してその点数が一定基準を上回った場合のみ審査に通りクレジットカードが発行されるという仕組みになっています。そこで、気をつけたいのが記入漏れです。審査は申込用紙上の情報しか判断材料がないので、記入漏れをしてしまうと判断がつかなくなって審査に落ちてしまうかもしれません。意外と多いのが電話番号の書き間違いです。電話番号を間違ってしまうと本人に繋がらずに本人確認ができずにそこで止まってしまうので審査が進まなくなってしまいます。もちろん、申込用紙の記入が完璧だからといって必ず審査に通るとは限りません。特に重要視されているのが、年収や勤続年数です。クレジットカード会社によっては、これらに最低ラインを設けているところもあります。