融資限度額とは

キャッシング

お金を借りたことのある方なら「融資限度額」または「借入限度額」という文字を一度は見たことがあるのではないでしょうか。

 

それと同時に「融資極度額」や「借入極度額」または「契約限度額」という文字も目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

この2つは一見同じものに見えて実は全く違うものになっています。

まず「融資極度額」や「借入極度額」または「契約限度額」というのは、簡単に言ってしまえば業者が貸すことの出来る最大限度額のことです。

 

例えば1万円から50万円までお金を貸すことのできる業者なら極度額は50万円に設定している所がほとんどです。

 

なぜなら、極度額を30万円に設定してしまうと30万円以上貸す場合は顧客に店頭に出向いて貰う必要があるからです。

次に「融資限度額」や「借入限度額」と呼ばれるものですが、これはあなたが借りることの出来る限度額を指します。

 

極度額が50万円で限度額が30万円の場合、業者側は最大50万円まで貸すことができますが、あなたに貸すことの出来る最大は30万円になりますよということです。

 

融資限度額の30万円を超えて極度額の50万円まで借りたい場合は増額を申し込むことになります。